Introduces the beautiful PIX! 通常のサイトはこちら ↓ http://loveferrari.blog119.fc2.com/


by unobello

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Ferrari
V12 Model
V8 Model
Special Model
Ferrari Future Model
Article(読み物)
Other Car
Trip
Movie
Fashion
日常
写真
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
車・バイク

画像一覧

フェラーリへの収入源は意外なところから・・・。

フェラーリ社は大きく分けると“ロードカー、コンペティションカー、ブランド開発”の主要3部門から成り立っている。2006年の売上は前年の12億8900万ユーロから14億4700万ユーロへと飛躍的な伸びを見せた。最近は下記のようなF1マシンのパーツオークションが開催される。
e0099384_2263922.jpg

e0099384_227116.jpg

ロードカー販売ではF430と612が好調に売れている。そして、599も1、2年待ちの状態となっている。設備投資と研究開発費(F1部門を除く)の総額は2億3200万ユーロに上り、総売上高の16%である!!これは主に599と今後のニューモデルの開発に向けられているそうだ。
e0099384_22145245.jpg




本題はここからで、ブランド開発に向けた活動が継続的に2桁台の成長を続けている。2006年の総売上高に占める割合は約25%となり大幅に増加。ちなみに現在、世界各国に合計14店舗のフェラーリ・ショップ、ならびにフェラーリ・ストアを展開している。このブランド開発とライセンス契約がフェラーリの大きな収入源でもある。アパレルからワインや小物まで「こんな物も?」と思うものまで何でもある。

こんな感じのニットを女性が着ていても可愛いですね。普通に赤い跳ね馬のシャツとか着ていると恥ずかしいですが・・・。
e0099384_2215430.jpg

                      こんなカフスもあります。
e0099384_22151587.jpg
 
      これは何だと思いますか?時計?アラーム?いや、ナビです(約8万円)。
e0099384_22152533.jpg


過去にパチンコ台でフェラーリがあったが(過去のフェラーリパチンコ・記事はこちら)、パチンコ台にまでフェラーリが登場したのはちょっとショックだった。わざわざパチンコにフェラーリが無くても良いと思った。しかし、これはパチンコメーカーからフェラーリへ提案し、製作されたものではない。なんとフェラーリから日本のパチンコメーカーへ打診があり、製作されたというから驚きだ・・・。
e0099384_22383411.jpg

あのソニーのプレイステーションに「グランツーリスモ」というカーレースゲームシリーズがあるのは有名です。登場車種も豊富で多くの車好きがプレイしたことだと思います。しかし、フェラーリがゲーム内に登場したことはない。パガーニやポルシェと言ったスポーツカーは登場するのだがフェラーリは登場しない。車ゲームでフェラーリが登場すると売上げは急激に伸びるらしい。これは雑誌でも通常のスポーツカー特集をするより、フェラーリ特集をすると間違いなく売れるのだそうだ。さて、なぜこのゲームには過去一度もフェラーリが登場しなかったのであろうか。実はライセンス料が物凄く高く、割りに合わないのだという。今のゲームは開発コストが恐ろしく高い。できるだけコストは低く抑えたい。それなのにフェラーリのライセンス料で数億支払っては赤字になってしまう。そして、問題はゲーム内に収録したフェラーリはどの車種よりも速くなければいけないという条件があるらしい。いくらフェラーリとはいえ、速いモデルばかりではない。フェラーリがいつも速くては現実性が無い。フェラーリとしてはイメージが大切であり、世の中でプレイをした人が「なんだよ、フェラーリって意外に遅いんだな!」ではまずいのだろう。イメージを大切にするフェラーリらしい条件かも知れない。
      「グランツーリスモHD」ではF430と599が収録されている(↓は収録画像)。
e0099384_2233723.jpg

フェラーリは過去F1で勝てない時期も、ロードカーでは速い車のイメージを作ってきた。F1の各地のサーキットでは、ほとんどが赤一色。日本の鈴鹿でも赤一色。決してトヨタの赤ではない。どこのサーキットへ行ってもほとんどがフェラーリファンであり、着ているシャツもフェラーリが多い。フェラーリが負け、F1の人気がなくなると自然とF1(FIA)の巨額の興行収入も落ちてしまう。いくらフェラーリファンと言えどもこんなことは記述したくは無いのだが、現実にF1には歴史があり、政治的な背景もある、ルール的にもフェラーリ寄りで有利と言われているが、それは事実でもある・・・。
[PR]
by unobello | 2007-05-19 22:15 | Article(読み物)